閉じる

レバレッジとは?
資金効率を高めるレバレッジについて

レバレッジとは

FXは、担保となる手元の資金(証拠金)に「レバレッジ」をかけて、何倍もの金額の取引ができます。 レバレッジとは、「テコの原理」のことです。取引する通貨の総代金は必要とせず、少額でも投資できるため、投資効率を高めるという特徴があります。

資金効率を高めるレバレッジの効果

レバレッジがない場合

1ドルが100円の時に、10,000ドル分の取引を行う場合は、100万円の資金が必要となります。1ドルが105円になると単純計算で5万円の利益が出ます。

レバレッジがない場合 レバレッジがない場合
レバレッジが25倍の場合

同じ1ドルが100円の時に10,000ドル分(1Lot)をFXで取引した場合、40,000円の資金で取引が可能です。105円になったときの利益はレバレッジがない場合と同じ50,000円となりますので、40,000円の投資資金で投資資金以上の利益を出すことが可能です。レバレッジがない外貨預金と比較するとレバレッジを利用することで効率的に利益を上げることが出来ると言えます。

レバレッジが25倍の場合 レバレッジが25倍の場合

vntkg FXのレバレッジについて

vntkg FXでは、個人口座のレバレッジは25倍、法人口座のレバレッジは最大25倍です。
※法人口座の場合、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した為替リスク想定比率により、レバレッジが通貨ペア毎に、1週間単位で変動する可能性があります。詳細につきましては法人口座レバレッジカレンダーをご確認ください。

余裕を持った取引が重要

レバレッジがかかることで、少ない資金で大きなお取引が出来るようになります。そのため、予想と異なる相場の変動が起こった場合のリスクを理解し、必要となる証拠金をシミュレーションしておくことや、デモ取引で自身の資金を使わずにリアルな相場を体感しておくことが重要です。

最短即日でお取引可能

ページTOPへ